アラフォー世代に送る転職時のポイント

アラフォー世代が転職する時に気を付けるべきこと

アラサーとアラフォーの転職は根本的に違う

アラサーとアラフォーの一番の違いは何かというと、それは年齢です。 何を当たり前のことを、と言われてしまいそうですが、この年齢の違いを分かっていないアラフォー転職者は意外と多いのです。 何が言いたいかというと、アラサーとアラフォーでは今後の伸びしろが違う、ということを知るべきなのです。

採用試験はどれだけ自分をアピールできるかがポイント

アラフォー世代でこれから転職を考えている方々に対して、今回は転職活動をする上で注意すべきポイントをあげていきたいと思っています。
まず、最初にお伝えしたいのは、アラサー以前の転職とアラフォー世代の転職では全く違う、ということです。
では一体何が違うのでしょうか?

そもそも、転職を考えるのはどのような場面なのでしょうか?
一つには外的要因があげられます。
アラフォー世代になると、その多くの親世代が定年退職を迎え、老後の生活が始まります。
その親の老後の生活に対して、少なからず子供としてなんらかの影響を受ける人も多く、そのために転職を余儀なくされる、という人もいらっしゃいます。
また、現代では大会社ですら倒産をする時代です。
会社自体がなくなってしまい、転職をしなくてはならなくなった、という方も中にはいらっしゃるかもしれません。
転職を考えるきっかけとしてのもう一つの理由としては、内的要因。
こちらの理由のほうが、転職をされる方の大多数だと思います。
つまり、現状勤めている会社に対して何かしらの不満があるのだと思います。
順調に出世をし、年収にも満足しており、居心地も良い、という職場であれば転職を考える人はいらっしゃらないはずです。
このように、転職のきっかけは様々ありますが、まずアラフォー世代の転職に気を付けるべきはじめのポイントをここで一つ。
自分の家族の理解を得る必要がある。
これです。
アラフォー世代の多くは、すでに自身の家庭を持っており、子供がいる家庭も多いと思います。
その中で転職をするわけですから、まずは奥さんや旦那さんを筆頭に家族の支えがなければどんな転職も成功しない、というのが大前提だと思います。

自己プロデュースの必要性

採用する側である企業の立場を考えて、前項ではその企業でいかに即戦力として活躍できるかを踏まえて転職活動すべきだと伝えました。 ただ、一個人の立場で考えた場合、単に自分がその企業にフィットしているからという考えで転職先を決めてしまうのも危険だと私は思います。

一番気になる年収の話

アラフォー世代が転職するにあたり、一番気になること。 それは、果たして年収が上がるのか、ということだと思います。 ここで、アラフォー世代の転職者へ最後のアドバイスです。 ひとまず、年収は上がることはない、という考えのもとで転職活動をするべき、だということを私は伝えたいです。